ゲームシリーズ:ドラゴン・ウォリアー(NES)エピソード3

ドラゴンクエストシリーズの最初のゲームは、1986年に任天堂エンターテインメントシステム(日本のファミコンやファミコンとしても知られていた)のために発売され、1989年には北米港を得ました。日本では恒例の成功でした しかし、欧米市場ではあまり有利ではなかった。 しかし、それはまだコンソールのRPGジャンルの曾祖父とみなされています。私はゲームのレビューを書いた。しかし、私はLet’s Play Classicsを試してみることに決めました。これはエピソード3であり、ゲームの3番目のおおよその時間を特徴としています。 以下はビデオです:

さて、チェーン・メールとハンド・アックスを追加の冒険に必要な状態にしたので、もう少しモンスターを戦い、探検する時間です!それは現在、南西部大陸の北部(起源の大陸を結ぶ山脈を越えた丘陵地帯)でレベルアップしているものです。いくつかの魔法使い、Drakees、サソリ、幽霊などと戦ってレベル8に達するまで(レベル7で最後のエピソードを残したことを思い出してください)。私がレベル8に達すると、私はタンタゲル城に戻り、正式に王と一緒に救いました。それから、いくつかの新しい場所が訪れました。

そして、私たちは2つの橋が離れているKolの町に旅を始める(あなたが覚えているなら、あなたが遭遇する生き物の難しさを増すと言われる橋を渡る)。 Kolに着くためには、北に、次に東に、そしてさらに東に(そして少し南に)第二の橋を渡らなければなりません。あなたは南にいくつかの湿地を見るでしょう。私たちは間違いなくそれを続行したくはありません、それはあなたの毒であり、あなたのヒットポイントを枯渇させます。この例では、最初の山脈(そして砂漠)を越えて北に上っています。

私たちはKolの村に入っています。そしてもちろん、私たちが最初にしたことは、コーナーの入り口にある “Kolの村です”という老人と話しています。知っておいてよかった!

私たちは町にさらに近づいて、正方形の乙女に話をしてください。「私たちはドラゴンロードの頭から救ってください。」 私は正直なところ、正方形の男は彼女のボーイフレンドだと思います。 彼はこう言っています。「この南島は恐ろしいほどです。大きな力と技能とウィットは、あなたをその場所から戻すでしょう。」 だから、私の直感が言ったように、今はそれを避けましょう。

私たちは東に向かって店に入り、赤い兵士を見つけます。私は灰色の兵士が1つのランクで、赤い兵士が上位の原因だと思っています。それは私の考えです。彼は「ホークスの東には町がある」と言って、この非常に有用なおしゃれな言葉を持っています。それで特別な品質の武器を購入するかもしれません。私はこれを覚えなければならない!武器店のカウンターでは、多くの武器を買うことができることがわかりましたが、実際にはGarinhamのLarge Shieldに戻っています。

しかし、私たちはまだKolを探検しているので、私たちは武器屋を離れてもう少し探検します。私たちは武器店と旅館の間の小さな掃除で老人と会い、「妖精たちはゴレムを眠らせる方法を伝えている」と伝えています。この場合のゴーレムはまだ見ていないモンスターです。彼らはかなり大きくて威圧的です。これは重要な情報であり、近いうちにやるべきことに結びついています。同様に、正方形の兵士は、「ゴーレムはフルートの音楽を恐れるので、そう言いました。

私は彼に助けが必要かもしれないと思います。私は最後の2つのエピソードの1つでNesterと話しました。 NesterはNintendo Powerのキャラクターです。彼は、Howard of Nintendo of Americaの若い相手です。ハワードはヘッドホンとして有名で、ネスターは彼のすべてのゲームをした子供だった。これは頬のちょっとした舌です。

私たちは噴水の東に行くと、女性と話をしています。女性はゲーム中のすべての女性が身に着けているのと同じことを着ている、それは驚くことではない、ここには仕立て屋がいない、彼女は「このバスはリウマチを治す」と主張する。 本当に? これは、彼の旅のいくつかの間にデンバーに来た地元のやや有名な歴史的な精神的なヒーラーフランシスSchlatterを私に思い出させる。 いずれにしても、我々は続ける…

ここで少し奇妙なことをします。ゲームのどこかで、前にこのゲームをプレイしたように、Kolに隠された秘密のFairy Fluteについての情報を得る手がかりを見つけることができます。それは噴水の南です。私たちはまだこの演奏を通してこれらの手掛かりを見いだすことはありませんでしたが、フルートがそれに関係なく止まるわけではありません。そして、私たちはすでにそれについて知っているので、私は今それを得ると決めました。前に説明したように、フルートはゴーレムに便利です。

町の北西には老人がいます。彼はまた、数ヵ所の沼地で保護されています。彼は重要でなければなりません!だから、彼と話をしましょう。沼を歩いてください。「あなたはあなたの祖先のように勇敢ですが、アッシャー、その武器で偉大なドラゴンロードを倒すことはできません。ええ、大丈夫です、それは役に立ちましたが、今はとても役立つものではありません。これは、あなたがその洞窟で見つけたタブレットでErdrickが言及した3つの項目と関係がありますか?知りません。

私たちは無作為の建物に入っています(私は本当にその緑色の四角形が何であるかわかりません)。最初の人に話しかけてください。「あなたはエリクリックの子孫ですか?どんな証拠ですか?これらの人々とは何ですか、私は何をしなければなりません…そうです、ドラゴンロードを殺してください。まあ、とにかく、喫煙コーナーへの建物を通って、我々は、「リムルダールは鍵を買う場所です」と言う別の兵士を見つける。ああ!だからこそ、われわれは鍵を見つけて、知っておいてほしい。

緑色なので少なくとも彼は違うランダムな建物の男…でも、何かを売ってはいけないのですか?とにかく、彼は私たちに “あなたは南の島に行きましたか?”と尋ねる。そしてあなたが言うなら、まあ、いいえ、彼は答えます、 “南に、私は信じます、リムルダールと呼ばれる町があります。”さて、私たちはどこでそれを見つけるか知っています。これは非常に優れています。もしあなたが「はい」と言うなら、彼は記憶がないので、「強烈な敵がそこに住んでいると聞いています。

最後に、我々は道具店に行くでしょう、おそらくこの建物はミニ・モールです。そして、彼は普通のものを売っています、いくつかの翼を除いて。これらは便利ですが、現時点で本当に必要なものではありません。その後、私たちは旅館が何を求めているのかを調べます。それは20ゴールドです(ホウ!)、ガリンハムのラージシールドのために金を集めるために外に出ます。

以前は見たことのない追加の敵を見つけることを除いて、通常の敵と戦います。私はその特定のモンスターであるスケルトンを、下の小さな仲間にしました。しかし、それ以外にも、山脈の南と北のKol近くの森を巡って、大きな盾を手に入れるのに十分なお金があります。いったん十分になったら、Garinhamに戻ります!

ベストプラクティスパート2

スケルトン

HP: 30

EXP: 11

Avg GOLD: 30

特別な攻撃: なし

呪文: なし

エリア: 東部大陸、コル周辺

説明: スケルトンはかなり強いですが、特別な攻撃や呪文はありません。 あなたは傷や睡眠をキャストすることができるので、あなたの利点のビットにこれを使用することができます。 私は通常、睡眠をキャストしますが、彼は目を覚ます傾向があります。これは、私が彼の多数のヒットポイントを掻き立てるのに役立ちます。


私たちはKolに戻り、森の町の周りを軌道に乗り続けます。 時々私達は森を越えて丘陵地帯を冒険しますが、最終的にはスケルトンとスコーピオンズがたくさん戦います。 いい物。 私たちはまたレベルを獲得し、9まで自分自身を得る。これは新しい呪文を学ぶので便利です。 私はそれが実際に洞窟に手に入る放射能だと信じています。 私たちのためにラッキー、それはすぐに行くつもりの場所の一つです(次のエピソード)。

しかし、それをする前に、防衛を強化するためにかなりの金を手に入れましょう。 私たちは十分な金を持っていれば、ビデオに見られるように、私はKolの武器店からHalf Plateを入手します。 これらのアイテムショップの素晴らしい点は、古い倉庫を自動的に購入することです(実際には複数の盾などを運ぶことはできません)。 これは価格を下げる。

そして冒険は続く…

そこから、トレッキングを始めると、Lorik王と一緒に救うためのTantegel Castleに戻ります。 私は実際にビデオの城の中に入ることはありませんが、それは一般的な考えです。 今後のエピソードでは、私たちは南西部の大陸に行くつもりです。私は最初の洞窟に入ると信じています。そこにはモンスターが入っています。 私たちは、私たちの上層部に追加するためにかなりの数の新しいモンスターを満たすでしょう。 私はレベル9でこのゲームを終了し、放射魔法を学んだ。

このポストはドラゴンクエストシリーズに焦点を当てた “Let’s Play Classics”シリーズの一部です。

私のプレイスルーを感謝するなら、私のパトロンを通して私を支えてください。

毎月の約束があなたのために少しだけあるなら、あなたは私にコーヒーを買うことを考慮することもできます。

photo credit: Spencer Means A town-festival day reenactment of St George and the Dragon, Whitby Abbey, North Yorkshire, England via photopin (license)

Liked it? Take a second to support kadar on Patreon!

あわせて読みたい

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。